クルーズ船で泊まる部屋の位置は最下層!値段が安いと寝心地は悪いのか?

PR
クルーズ船の部屋ランク

クルーズ船はどれもお金を出せばいい景色が見える、上の階に泊まることができますよね。

それは知ってますけども!一般人には家族4人(小学生2人)で100万以上の旅行なんて、贅沢すぎてムリですよ。

そんなこんなで今回わたしたちが泊った、客室では一番下の5階海側キャビンの部屋を紹介をします。

カスタマイズしてどんな風に使いこなしたか、寝心地は?バルコニーなしの部屋でどうだったかまとめて書きました。

カジュアル船MSCスプレンディダの情報ですが、MSCベリッシマ客室もだいたい同じ構造なのでぜひ参考にしてみてくださいね!

PR

クルーズ船の部屋の位置は値段に左右される

(横浜発7泊プサン入りの1人あたりおよその値段付き)

はじめに書いておきますが、いちばんお得な部屋でも充分満足でした(本当に!)

客室の最下層が5階のわたしたちが泊まった部屋です(緑の〇で10万円前後)

タイタニックだったら、速沈没している階層ですよね。どれだけ海に近いかというと・・・波が激しいときは、しぶきが窓にかかってきてました。5階なのに。

(ベリッシマは客室の最下層は8階でした、水しぶきはかかってこないかもしれません)

そのさらに下の客室と同じ丸い窓が、おそらく船で働いているスタッフの部屋なのでしょう。

じゃあ1階は何があるのかな、少し気になりますね。

クルーズ船の部屋の位置

客室の最上階16階(赤い〇35万~50万円)がヨットクラブというエリアです。MSCベリッシマにもありますね。

デラックススイート以上(普通のスイートは入れない)の部屋や、その人達専用のレストラン・スパがあるのです。

これ以上ない至極極上なサービスが受けられると書いてありました!

見学で行ったことがあるのですが、施設は驚くほど豪華なわけではありません。

いたれりつくせりのサービスがすごいのでしょう。

15階にはみんなの海水プールやジャグジー、テラスがあるので眺めはみんな平等に見ることができますよ。

9階~13階のバルコニー付き部屋だと約20万円になります。

わたしたちはほとんど部屋にはいないだろうと考えたので、バルコニーだけで10万円UPするのは高いと思っちゃたんですね。

夏以外はバルコニーなしでも問題ナシ!外出ても寒いしね。GWでも夜のテラスはひんやりでしたよ。

9階~13階にも内側キャビンはあって、お金を+すれば泊まることができます(わたしたちは+してないので最下層)

PR

せまいけど機能的な海側キャビンの紹介

予算をおさえたい方にピッタリの、機能的な部屋でしたよ。広さは18㎡、ベリッシマもだいたい同じでしょう!

大きい丸い窓があるし(バルコニーなし)2段ベッドだったので広さは充分でした。

(一般的なビジネスホテルのツインルームくらい)

内側キャビンに窓がついただけですが、それだけで広く感じます。

玄関

クルーズ海側キャビンの説明
ギュッとつまってます

玄関のとびらは、スイートルーム以下どれも同じ大きさ。MSCベリッシマの客室と構造は同じ(色味は違う)MSCは内側もスイートルーム以下も同じ玄関洗面まわりです。

  1. パウダールーム・トイレ・シャワー
  2. 靴箱と引き出し
  3. クローゼット
  4. 何でも置ける棚

ほとんどの物をここらへんに片付けれました。何でも置ける棚は、すぐ使う化粧品やペンなどを置いています。

備品の湯沸かしポットは1度も使いませんでした(部屋の飲みものは有料だし、レストラン近いのですぐにコーヒー飲みに行ける♪)

何でも置ける棚の上にはテレビがありますが、日本の番組はうつりません(船の中は外国だよ)

船の情報くらいしかやってないのでほとんどつけていません。

トイレとシャワー室

スイートルーム以下はどれも同じ構造です(バルコニー付き部屋も)MSCベリッシマの客室も同じ。

クルーズ船シャワー室とトイレ
  1. バスタオル置き場
  2. ボディソープとシャンプー&リンス入れ
  3. 小物置き場

顔用石鹸とトリートメントは持参で、ボディタオルは以前泊まったホテルの備品です。

備え付けのボディソープは着たものの汚れを落とすときにも使えますよ!なくなったら掃除のときにつぎたしてくれます。

シャワー室はカーテンで仕切られているので思ったほど、水浸しにはなりません。

毎日水滴もきれいにふき取って掃除してくれるので、汚れても大丈夫です。

パウダールーム

きれいで明るいので何も不便はありませんでした。

MSCスプレンディダ洗面所

ペーパーホルダーの横にティッシュが内蔵されていました。化粧品を置いてもまだ有り余るくらいの棚です。

ドライヤーは部屋の引き出しの中にありました。

収納

クルーズ船キャビンの収納

とにかくいっぱいあります。ヒールも余裕で入る靴箱と割と深さのある引き出しです。

4段か5段あったので(1人1段ずつ)靴と下着類をしまって勝手に出せれるようにしました。

そうすることでお母さんの仕事も減りますね。

番号式の金庫もあったので、部屋を長時間あけるときは念のため腕時計や財布をしまっていました。

船に乗っている間は財布の出番はありません、ほぼしまいっぱなし。

クローゼット

クルーズキャビンのクローゼット

GWで夏服なので、家族4人でもまだ余裕があります。冬服だとかさばりそうですよね。

  1. 救命胴衣
  2. スーツケースも入る奥行きスペース

突っ張り棒があれば、さらにかけれるところを増やせますね。

ハンガーの追加は電話で持ってきてもらうか、自分でフロントに取りにいきます。

畳んでしまうよりもかけていたほうが楽なので、ほしかったらどんどんもらいに行きましょう。

脱いだ物はもってきた折りたたみランドリーバッグにいれておきます。

その他設備

クルーズ船の部屋設備いろいろ
クルーズの部屋の備品

小さい部屋にたくさん設備がつまっていますね。

  1. 冷蔵庫(中の物は有料です)
  2. つながっているドライヤー
  3. 収納
  4. 内線電話
  5. コンセント

コンセントはここだけでしたが足りました。スマホも電波が届かないので、さわらないから電池も減りません。

PR

2段ベッドは収納式プルマウントベッド

クルーズ船プルマウントベッド収納式

普段は天井にしまってある2段ベッドです。これはスプレンディダですが、恐らくMSCベリッシマの客室も4人部屋でいちばん安い部屋はこれと同じ仕組みでしょう。

(部屋ごちゃついてるのは悪しからず)

4人泊まる場合だけ、ニョキっと出てくるベッドで…2人部屋が4人部屋に早変わり!なのですねぇ。初めて見ましたよ、この形。

MSCクルーズの客室はこんなだと思うけど、他のクルーズ船も天井から出てくるのでしょうか。

天井から出てきた、上段ベッドは高さ30センチくらいの柵がついてるけど、床からは中々の高さ。だから子供たちは下のベッドで寝させました!

寝台列車ブルートレイン(←わかるかな)を彷彿とさせる、ベッドの形に大人なわたしもワクワクしましたよ。乗ったことないけどね…

子供達はそれは楽しそうに、何度も何度もあがって遊んでいましたよ。

当初意外と2段ベッドの情報がどこにもなくて、4人部屋だけどせまくないかな?って心配して・・・実際行ってみると、機能的で気に入りましたっ。

こちらの部屋は4人までなので、5人家族だとファミリールームにしなきゃいけません。

ベッドの寝心地

プルマウントベッドの寝心地は、1段目のベッドと変わりありません。マットレスが硬い、体が痛い、なんてこともなかったです。

ビジネスホテルと比べて、特にどちらがいい、なんてこともなかったですね。感覚的にシングルベッドより少し狭いかな?

こんな高い所で寝たことないけど・・・高さはすぐ慣れるし、基本疲れているのでよく寝れますよ。

よってクルーズ船の2段ベッドの寝心地は、問題ナシ!でした。機能的な客室です。

海側キャビンの大きな窓

ベッドのすぐ横に大きな窓がありました。窓があったほうが時間の感覚がつかめるし、常に景色がながめれるのでおすすめですよ。

港に着岸する様子も見れるので、何かと楽しくて◎

人が座れるぐらい広い空間があったので、よくそこで外を見てましたね。大人も座れるくらいのスペースです。

日本のフェリーも同じ構造だったりするので、窓にちょっとスペースがあるのってなんか意味があるんでしょうね。

(写真は起床後、ぼ~っと海を眺めている子供)

風は感じませんが安全なバルコニーみたいなもので、子供を見張っていなくても安全なのでよかったなって思いました。

子供が小さくてバルコニーは「落ちるかも?!」危険だと思う人は、窓でも充分楽しめますよ。内側よりも窓があった方が、子供は喜ぶでしょう。

ランクによって部屋の位置が決まるので、わたしたちの部屋は一番下の5階で波が近くしぶきが窓にかかるときもありました。

まぁそれも楽しいんですけどね!

客室は5階がいちばん下なので・・・4階から下は従業員の部屋だったりいろんな設備がつまっているんでしょうね(載ってないけどそうだろうな)

4人部屋におすすめは

MSCベリッシマで4人部屋がいい!けど、予算を抑えたいのなら…

内側インテリアオーシャンビューで充分でしょう。

4人どこに寝るのさ~?ってあんまり情報がないので、ナゾでしょうが。ちゃんと小さくこんな風に書いてありましたよ!

※3、4台目のベッドは 二段ベッド又は二段ベッドに変更可能なソファベッド(二段ベッドは6歳未満のお子様には適していません)

※3、4台目のベッドはプルマン(収納式)ベッド

(わたしが泊った部屋がプルマン収納式ベッドね)

インテリアとオーシャンビューにも、3、4台目のベッドがある部屋とない部屋があるのです。

旅行会社で4人でインテリアに泊まる、って注文したら勝手にそんな部屋にしてくれるので心配いりませんよ!

あと使い勝手がいいかな~っとか、1人1つベッドがほしいかな~って…わたしは、ダブルベッドをツインにしてるので(恐らく離すだけなので)参考にしてみてください。

ベッドが2つなのに4人部屋?

MSCベリッシマキャビンタイプ

いまいちわからない、という人に詳しく説明!

これは、MSCベリッシマ客室番号付き10階の図です。よ~く見てください。説明のところに小さく、プルマンベッド、2段ベッド付きって書いてありますね。

2段ベッドに可能なソファベッドって?!見たことないんでナゾですが、数は少ないけどそんな機能的でお得な部屋がクルーズ船にはあるのですよ。

PR

【まとめ】機能的海側キャビンがおすすめ

部屋を見るまで4人では狭いかな?と思っていましたが、実際約1週間住んでみてちょうどいい大きさでした。

バルコニーはなくても充分でしたが、窓はあって良かったです。

イベントや食事などでほとんど部屋にいないし、寝るだけならどの部屋でもいいかな…なんて考えてる人は、お値段の安い部屋の感じがどんなものか参考にしてくださいね。

寝心地もいたって普通で、これで充分!本当に。

クルーズ船の部屋の位置が下だからって、困ることはなかったですよ。騒音とか揺れとかも全く気になりませんでした!

(本当の話しはコチラ、夢を壊されたくない人は読まないで下さい…)

一番狭い部屋といっても収納がありすぎるぐらいだったので、いっぱい物をしまえてスッキリできましたね。

大きなスーツケースは床に置いていましたが、そのくらいのスペースは充分あります。

もう1つのスーツケースはクローゼットにずっとしまっていました。

便利なものを持ってきて部屋をカスタマイズすることで、クルーズ船での生活をよりよく過ごすことができますね!

カスタマイズをぜひ自分なりに楽しんでください♪

以上、部屋のランクと予算をおさえたい方にピッタリの、機能的な部屋の紹介でした。

▼クルーズ旅行の全容▼

タイトルとURLをコピーしました